住宅ローンや任意売却、そして保証人制度などを知る

保証人やトラブル

賃貸住宅の保証人制度に関する豆知識

日本の賃貸住宅は古くから保証人制度を取り入れており、賃借人が収入が無くなったり、病気や失踪などによって賃料の支払いが滞った場合は代わりに保証人が支払うように契約時には同意をする必要があります。 しかし保証人制度は一部の人には賃貸住宅を借りる上での大きな障壁となっていました。例えば留学生ならば、まだ学校が保証人となってくれるケースが多いですが、外国人労働者ならばその保証人もおらず賃貸住宅の利用が困難となりがちです。同様に身寄りが無い人や、家族が居ても全員定年退職などによって収入が無い場合は保証人となることが家族でも出来ません。 そのため保証人が用意できない場合は、保証人制度が無い物件も最近増えているの、そのような賃貸住宅を選ぶのも1つの手段です。

楽器相談可の賃貸を選ぶ工夫で生活を楽しめる

集合住宅におけるトラブルとして多いのが、楽器の演奏による騒音問題です。そのため楽器の演奏は多くの賃貸住宅において禁止されています。しかし最近は入居者確保の側面もあったり、防音技術が向上していることで、一定の防音設備を取り入れた賃貸住宅などが楽器相談可の物件を提供していることがあります。 楽器の演奏の相談可の物件ならば、最初から大家の理解があったり、隣や上下階に住んでいる住民にも理解があることも多いので楽器の演奏においてトラブルとなる可能性が極端に減ります。 物件の付加価値があるため、賃料がやや高めとなることも多いのがデメリットですが、好きな楽器を自由に演奏できる魅力から、楽器相談可の賃貸住宅を選ぶ工夫をする人も多く居ます。