住宅ローンや任意売却、そして保証人制度などを知る

任意売却とは

任意売却をする時の注意点

住宅をローンで購入した場合、その返済が滞ると、通常、家は競売にかけられ、売却されます。しかし、任意売却で家を売るという方法も最近では増えています。 競売は、債権者である金融機関などが強制的に手続きを行うのに対し、任意売却は債権者の金融機関と、債務者であるローンを借りた人との合意のもと行われます。ですから、任意売却で家を売りたい場合には、まず、金融機関と話し合って、納得してもらうことが必要です。しかし、話し合いには、法律的な知識が必要です。そのため、自分だけで話し合いを行うことはまれで、一般的には、任意売却の知識がある専門家などに依頼をします。 また、競売開始決定通知などが届いて、競売を行う日時が決まっている場合、それまでに合意を得なければ、競売で売られてしまいます。

専門家に依頼することでメリットが大きくなる可能性が

任意売却で家を売っても、その家にまた住み続けることができる方法などもあります。それは、その家を、賃貸契約で貸してくれる会社や個人に売却するという方法です。専門家に間に入ってもらうことで、このような買い手をスムーズに見つけられる可能性が高くなります。 任意売却は、競売に比べて、家を高く売れるというのもメリットです。高く売れる分だけ、負債を減らすことができます。また、競売では、強制的に家を出されてしまいますが、任意売却の場合、引越しの日時を取り決めることも可能です。さらに、話し合いによって、引越し費用を負担してもらうことができたというケースも多く見られます。 いずれにしても、早く、円満に解決することを望むなら、専門家に相談することがよい方法です。