住宅ローンや任意売却、そして保証人制度などを知る

任意売却とは

住宅ローンが支払えなくなってしまった場合、購入した住宅は競売に掛けられて売却という形になります。しかし競売は損がとても多いのです。だからこそ任意売却という方法が存在しているのです。

賃貸と一戸建て

最近では、多くの方が賃貸物件で生活しています。賃貸物件は一戸建てに劣ると思われがちですが、けしてそんな事はありません。ここでは、賃貸マンションと一戸建てについて紹介していきます。

保証人やトラブル

保証人制度を取り入れている事が賃貸住宅の特徴であります。この制度がある事によって、未納である家賃を不動産屋が回収する事が出来るのです。集合住宅を借りる際にトラブルになりやすい事が騒音ですが、選ぶ物件によって解消されます。

土地の不動産売却

土地の売却を考える場合は、不動産として土地が扱われるので、不動産会社などに相談すると良いでしょう。土地の価格などは変化するので譲渡所得などもしっかりと考えて売却しましょう。

不動産投資

最近の投資トレンドは不動産とうしとなっています。不動産を利用する投資は安定しているので損失などが少なく済むのが特徴となっているので、安心して投資を行なう事が出来るようになっているのです。

住宅ローンについて

銀行で住宅ローンを組む場合

住宅を新規購入する場合一括現金で支払える人そう多くはありません。殆どが何処かの金融機関と住宅ローンを組む事になります。 そこでまず住宅ローンを組みやすく金利の安い金融機関を探す事になります。住宅ローンの組みやすさでは審査に少しハードルが高いですが金利の安さでまず最寄の銀行に申し込んでみましょう。 住宅販売会社が紹介してくれる銀行が有利な事もありますので住宅販売会社に相談するのもいいでしょう。 そこで所定の書類を提出して審査を受ける事になります。審査に通れば販売会社と共に銀行に訪れ住宅ローンの契約となります。その際保証人を求められますが一般的には金額は決して安くはないですが保証会社にローン保証料を支払う事で済みます。その他団体信用生命保険や火災保険の加入を求めらることもあります。

任意売却が必要になった場合

任意売却は真面目に住宅ローンを返済し続けている人には全く関係のない事柄です。しかし、一旦ローンの支払いに行き詰った際は任意売却が重要な意味を持ってきます。 ローンを支払いが困難になった場合、まづ銀行に相談を持ちかける事が重要なことです。もし住宅ローンが返済がされなくなっても銀行は何ら損害は生じません。保証会社に代位弁済を求めればローン残債全てを保証会社が支払ってくれるからです。 ただ、銀行はまだ完全に返済不能になったわけでもない人を安易に見捨てる事はしません。親身になって相談に乗ってくれます。 まず毎月の支払額の減額にローン期間の延長を提案してくれます。それでも無理と判断した場合は任意売却の提案があります。銀行には系列の不動産会社がありますから任意売却に実績がある不動産会社を紹介してくれます。

↑ PAGE TOP